SMT2014inTOKYO 東方神起感想レポ

  • 投稿日:
  • by

10月4日、5日に行われたSMT2014の東方神起について
感想を書きたいと思います!
4日は会場、5日はライブビューイングで参加しました。


筆者は、
東方神起のことを
まったく知りません。

メンバーの顔と名前は一致していて、
有名なエピソードを少々、
有名な曲も少々といった感じの知識です。


日本で活躍するという道を切り開いた1つのグループとして
偉大なる方々だという印象ですね。


ですが、今回のSMT2014で、
東方神起の魅力を存分に味わってきたので
これは是非とも文にして残しておきたいと思いました。


これだけ人気があるのも
納得できました。


逆に今まで、
なぜ華麗にスルーしてきたのか
理解に苦しみます。


今まで好きだったグループから
乗り移るということは
ないのですが、
他Gペンである筆者の心を鷲掴みした
東方神起のパフォーマンスについて
語っていきたいと思います!


とんペンさんに
「そうなの、そうなの!東方神起ってすごいでしょ?」
と思われるように
自分なりにまとめてみました。

<We are>

まさか、こんな早くWe areが聞けるとは!!
おそらく歌うだろうな、と
予想はしていたものの、
初っ端We areだなんて思いもしませんでした。
前回のSMTで学んだのですが、
この曲のときに、

「We are~?」

 \ T! /

ってやるんですよね!

前回は、本当に何も知らないで行ったので
「We are~?」とユノが言ったときに
何をすればいいのかわからず
周りに置いていかれましたね。
この反省点を生かして、今回は思い切り
「てぃぃぃいいい!!!!」と叫びました(笑)
力みすぎて「ちぃーっ!!!」って言ったときは
とても恥ずかしかったです。


このとき、2人はそれぞれトロッコで
サイドステージへ行きました。

なんと筆者は幸せなことに
東方神起を肉眼でハッキリと確認することができまして・・・。
チャンミンさんは小顔だけど
体が大きかったです!
すぐに反対方向を向いてしまって、あまり見ることができなかったのですが、
一瞬でもわかる凄まじいオーラを感じることができました。
「スターだ!」と一瞬で思いましたね。


ユノもこちらにやってきたのですが、
ユノさんも、思っていた以上に顔が小さくてビックリ!
予想ではもう少しデカイと思っていて・・・(ごめんなさい)
それに、思っていた以上に本当に本当にイケメンでした!(ごめんなさい)
本当に申し訳がないのですが、
今までユノさんのかっこよさに、
あまり気づいていなかったので
今回のSMTで、かなり反省しています。

盛り上げ上手だし、
真面目と聞いていたのですが
なんかそれが逆にユーモラスでした。

こんな解釈で合ってますかね?
ファンの皆さんに怒られそう・・・。
申し訳ありません><


それと後に、f(x)も同じ経路でトロッコでやってきたのですが
比べてみると、東方神起が
どれほど身長が高いのが思い知りました。
トロッコから落ないか心配になりますね。

それに、
あんなに大きな体を
華麗に動かしてダンスをしていると思うと
スゴイ身体能力だなぁと感激しました。


<Somebody To Love>

この曲は、
前回のSMTでも最後のほうに歌っていたし、
コンサートのダイジェスト映像で見たことがありました。

なんとも爽やかな曲で、
海にいるときや、夏の夕暮れに聴きたくなります。
特に、最後のサビの繰り返しが頭に残りました。

2人ともタオルを振り回して
「jump!jump!jump・・・」と煽っていて、
会場もヒートアップしていました!
筆者もjumpしながら
ペンライトをブンブン振り回していました。(1番端っこの席だったので思う存分!)


帰ってからSomebody To Loveを
検索してみたのですが、
2009年に出した曲なんですね!
(知識がなくてゴメンナサイ・・・)
しかも、けっこう躍ってるし、
コンサートで聞いたときと印象が違いました。
家で聞くと、なんとも落ち着いた曲調でした。

歌詞もとっても素敵ですね!
でも、個人的にこの曲は
コンサート終盤で歌う曲だと認識していたので
こんなにも早く歌ったので驚きでした!
ありえないけど、
もしかして出番これだけ!?と焦っちゃいました。

<Raiging Sun>

この曲は去年のSMTでもかなり印象に残っていたので、
イントロが流れた瞬間に
「またきける!」と感動しました・・・。

最初の指差しポージングからの
ユノのラップ、
ユノがはけて、ちゃんみんのボーカルが入って
ボンっと胸打ちするところの流れだけが
なぜだか鮮明に記憶に残っております。

あと、チャンミンの叫ぶところ、
終盤にかけての「らいじんぐさ~~~ん」と叫んだり
言葉で表現できないのですが体がおかしくなりそうなくらい動かすユノさんも
いつもすごいなぁと思いながら見ています。


曲調の変わるところも
すごくカッコよくて
1曲で違う雰囲気を楽しめる贅沢なナンバーだと思いました。


こんな踊りまくりながら歌って、叫んで、
一体いつもどんなトレーニングをしているのか気になります。

5人分を2人でやるなんて、
うーん、想像を絶する!


<Keep Your Head Down>

これは日本の年末の番組でもよく歌われていたので
何度も見ています。

2人になってから初めての曲ですよね?(自信ありません・・・)

このタイトルには、
東方神起が再び王座に立つというような意味が込められていると
どこかのサイトで読みました。

強い想いの込められている曲であるだけに
テレビの前でもいつも見入ってしまうほど素敵なパフォーマンスで
これを生で見られるなんて贅沢な体験です。

実際に生できいたらトリハダものです!

「keep your head down」が掛け声で、
一緒に手を下げる、というのは前回のSMTで学んでいたので
きちんとできました!

今回は野外の会場でしたが、
夜空に「keep your head down」の声が響き渡っていて
それに合わせて光もサーっと下に下がっていく光景が
凄く幻想的でした!


<Something>
これは紐?縄?コード?を使ったパフォーマンスが好きで
よくMVや歌番組を見てました!

外国人の女性が美人さん^^
東方神起と並んだら絵になりますね。


これは絶対コンサートで盛り上がるだろうなぁと
予想していたのですが
案の定、会場のお客さんはノリノリでした!

最後の「東方神起!」っていう掛け声も忘れずにできて
スッキリー!

<Catch Me>
他のグループが最新曲を披露する中で、
東方神起は「スリスリ」を披露するかと思いきや・・・
「catch me」!
スリスリも見たかったのですが、
Somethingと若干イメージが似ているから
この選曲になったのでしょうか?

その真相は闇の中・・・

とは言っても、Cath Meを披露してくれるのも
本当に嬉しいことです~!


イントロが流れて、
すごくドキドキしました。
なぜかわからないですが、嬉しくて動悸が・・・!

鏡ダンス?双子ダンス?名称を忘れてしまったのですが

あれ、かわいいなと思うのですが
認識が間違っていたら申し訳ないです(^_^;)


パワフルなダンスと歌声、
終盤に向けての力の出し方は
本当に胸熱です。


掛け声も楽しかったです。


<iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/PfUlE2LlGro" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<まとめ>

去年のSMTで初めて東方神起を見たのですが、
申し訳ないことに、そのときはあまり印象に残らなかったんです。

なぜなのか自分でもわからないのですが・・・。
時間が経ちすぎたからかもしれないです。

今思い出してみたら、
自分の好きなグループのことも曖昧にしか覚えていませんでした(笑)


ですが、
確実に去年よりも印象に残っていることはたしかなのです!

断言できる理由があります。
東方神起のパフォーマンスを見たとき、
感動して泣いたのです!(笑)

去年は、泣きませんでした。


パフォーマンスしている2人の表情とか
眼差しとか、
さすが10年以上のキャリアを持つ東方神起だと感じましたね。

完璧に歌って踊って煽って、MCも沢山喋っていました。

チャンミンのどこか冷めているコメントが
すごく面白かったです。

ライブビューイングのことに触れたのも
東方神起が初めてでした。
さすが!


ユノはドラマもあったのに、
1つも手を抜かずパフォーマンスしていて
感動です。

もう30近いのに、
どこからそのエネルギーが出ているのですか?

今思い出すだけでも
感動しちゃいます。

SNSで感想を述べている人は「東方神起はさすが」と
口をそろえて言っていました。
簡単にまとめるとそうなのですが、
個人的には「さすが」だけじゃ収まらなかったです。


東方神起が登場するたびに
胸が熱くなりました。
全力のパフォーマンスに魅せられて!
生で見て、こんなに衝撃をうけたグループは
もしかしたら初めてかもしれないです。
しかも2回目で(笑)
自分でも驚いています。


こんなに凄いグループを
今までどうして「興味ないです」と言っていたのか
不思議でたまりません。

謝りたいですね。
甘く見すぎていました。
ごめんなさい!

来年もまた見れたらいいな、なんて
ひそかに期待しています。

トラックバック(0)

コメントする